土壌硬度計 山中式

Q.土壌硬度計の標準型、平面型、ポケット型を選ぶ基準を教えて下さい。
A.一般的な土壌には標準型をお薦めします。特に軟弱な土壌(4kg/センチ平方以下)の場合は、平面型の方が精度よく図れます。ポケット型は標準型に比べて1/2の大きさ1/4の重さで携帯には優れておりますが、先端コーン面積が小さい分精度は標準型に比べて落ちます。

Q.メンテナンスは必要ですか?
A.土壌硬度計(山中式)はメンテナンスフリーとなっております。ただし海辺、河川等の水の掛かる場所で使用した場合は、キャップを外して中のスプリングの水分をよく拭き取って下さい。

Q.先端コーンが丸くなってきたのですが精度は大丈夫ですか?
A.経年変化で先端が徐々に丸くなってきますが、ツバの部分から先端までの高さが37mm以上であれば問題なく使用出来ます。ただし、それ以下に減っている場合、落として先端が極端に曲がってしまった場合は交換が必要です。

Q.一軸圧縮試験との数値の相関はありますか?また、換算式はありますか?
A.土壌硬度計(山中式)の数値はあくまで独自の値のためメーカーとして換算式及び相関関係を導く資料はございません。ただし、お互いの数値をデーター取りしていけば何かしらの相関はあるかもしれません。しかし、土壌の水分・粘性等の違いにより一般的な換算式で求められないのが現状です。

Q.校正証明証等は発行出来ますか?
A.土壌硬度計(山中式)はJIS規格品ではないので、公の校正証明証は発行出来ません。
  ただし、社内扱いの試験成績書であれば有償にて発行可能です。その際はお近くの販売店にお問い合わせ下さい。

Q.数値を示す部分(指標部分)が無くなってしまったのですが・・・?
A.そちらの部品は単体にて販売可能です。お近くの販売店にお問い合わせ下さい。
  (指標、止ネジ、スプリング(小)の3つの部品で成り立っています)