従来のハンドサンプラーに対し、利便性を高めるためφ80×300㎜用を製作し、更に外筒にヘリカル(螺旋状)溝を刻み込むことによって、よりいっそう試料採取が簡易になりました。

             独立行政法人 農業環境技術研究所 インベントリーセンター共同開発


●30㎝までの土壌試料を不攪乱にて採取が可能。
●外筒に刻んだヘリカル溝で、下層にラクラク貫入。
●直径8㎝の土壌試料(円柱状)で、分析に十分なサンプルが採取可能。

LinkIconカタログダウンロード
★よくあるご質問(FAQ)

①採取時


②採取された試料


③試料の切断(専用 切断治具使用)





※田畑など硬盤層がある場合は硬盤層の土壌が円筒容器入り口にフタをしてしまう現象が有り、
 一度に30㎝のサンプリングが難しい場合があります。
 そのような場合、硬盤層(地表から約20㎝位)に到達した時点で一度、採土器が土壌中に
 ある状態で試料円筒だけを引き抜き、 再度 新しい試料円筒をセットして 30㎝まで掘り進
 めて下さい。
 それにより、30㎝の連続したサンプルが採取可能となります。